ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2015年10月13日

ヤロードセット

IMG_3405ヤロードセット.jpg 10月になって「母島もすっかり秋だなー。」などとしみじみしていたら、今日は真夏のような暑さです。昨夜から明け方にかけて雨が降ったせいもあり、乳房山の山頂付近には濃い霧がたちこめて湿度もたっぷりです。これから何回かこんなお天気が繰り返され、本当の秋になっていくのではと思います。さて、10月の乳房山では色々な固有植物の花が開花中ですが、「実りの秋」ともいうように様々な植物の実も観察できます。「植物を覚えたいけど、難しくて。何かいい方法はありませんか?」と質問されることが多いのですが、固有種の「ヤロード」は今は花が開花中で、足元には花も実も落ちています。黄色く色づいたヤロード(イエローウッド)の「花+実+葉」をセットにして観察すると記憶に残りやすいのではと思います。写真映えもしますよ!お薦めです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

オガサワラゼミ

IMG_3232オガサワラゼミ ガイドの日記帳.jpg 8月下旬頃から母島でもオガサワラゼミの鳴き声が聞こえ始めました。特に、母島北部や母島南部では「蝉時雨(せみしぐれ)」の言葉がぴったりな、まさに降りしきるようなセミの声が森に響いています。集落ではあまり聞かれなくなってしまったセミの声ですが、グリーンアノールが増え始めた1980年代以前には、集落でも普通にどこででも見られたセミだったようです。羽化したばかりのオガサワラゼミは、体色の緑色がはっきりとして羽の透明感が美しく、うっとりしてしまいます。しかも、羽化したばかりだとボーっとしたように動きが緩慢なので写真も撮りやすく助かります。例年では10月中旬頃までオガサワラゼミが見られますが、今年は台風が多く、発生の終わりも気になるところです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

完熟ゴーヤ

P8170010メグロとメジロと完熟ゴーヤ.jpg夏の定番野菜になってきたゴーヤですが、母島の民家でも庭先で栽培しているお宅がよくあります。沢山の実がなるので食べきれないのか、完熟してまるでパパイヤのような色になったゴーヤも時々見かけます。ところで、完熟したゴーヤを食べた経験はありますか?あんなに苦いゴーヤですが、種の回りはゼリーのようなプルプルした赤い色の膜に包まれ、それにとっても甘いんです!今日も、ご近所の完熟ゴーヤにメグロとメジロがやってきていました。先にゴーヤをみつけたのはメグロでしたが、メジロがやって来たとたんに気が弱いメグロはあっさり負けて、飛んで行ってしまいました。完熟ゴーヤ、甘くてびっくりしますよ。一度、トライしてみてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

大きなキノコ

IMG_2898ウスヒラタケ (2).jpg 7月はいくつもの台風に翻弄されましたが、やっと安心できるお天気の日々が続いています。この安定したお天気のまま8月に突入し、夏を乗り切りたいものです。でも、自然界の生き物にとっては雨が欲しいところでしょう。今年の母島は梅雨がほとんどなく、森の植物もぐったり気味です。いつもだとグリーンペペがかたまって発生する場所でも、今年はチラホラといったところです。キノコにとっても乾燥した厳しい環境のはずですが、昨日行った森にはこんなに大きなキノコがありました。おそらくヒラタケ科のキノコと思われますが、人の顔くらいの大きさがありました。キノコ独特の良い香りがして、沢山の虫が集まっていました。キノコは形や色がユニークなものが多く、写真撮影の対象としてゲストからも人気があります。母島では雨が多い6月頃と11月頃に様々な種類のキノコが見られます
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

朝焼け&夕焼け

IMG_2792朝焼け.jpg 今回の台風11号は動きが遅く、いつ通過するかの予想がたてにくく困りました。7月12日東京発のおがさわら丸でご旅行の計画をされていた方々、また「13日に父島着発で上京できるのでは?」と予想して滞在を延ばした方々には本当にお気の毒だと思っています。母島ですが、台風の影響で昨日から大気中の水蒸気が多くなってきたのか、夕焼けが綺麗でした。自宅の窓からサンセットシアターのほうを眺めていたところ、ほんとに綺麗に焼けて。きっと、あの人とあの人は夕日を見に行っているのだろうなぁ、などと想像しながら窓の外を見ていました。そんなわけで、今朝はきっと朝焼けが綺麗なはずと思い朝焼けを見に行ってみました。予想どおりダイナミックに焼けて本当に見事でした。お気に入りのポイントにはすでにどなたかいらっしゃったので、いつもとは別の場所でみました。みんな、考えることは同じなんですね(笑)
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

乳房山の開花状況

P7090047シマザクラ ガイドの日記帳.jpg 台風が同時に3つも発生し、特に11号は小笠原への影響がありそうとのことで心配しています。まだ台風は遠いのですが、沖港にもうねりが入って来ており、漁船はすでに陸揚げされています。ははじま丸も明日乗船予定のかたも含めて今日のうちに父島に渡るかたが多く、港が賑わいました。そんな中、今朝は早起きして乳房山に登ってきました。乳房山では今、ハハジマノボタンが見頃を迎えていますが、例年では8〜9月頃が見頃のシマザクラも沢山開花中です。シマザクラはアカネ科の植物ですが、花色が桜色のためシマザクラの名が付いたようです。その他にも、モクタチバナ、オガサワラボチョウジ、テリハハマボウ、ヒメツバキ、オガサワラシコウラン等が開花中で、シロトベラやハハジマハナガサノキやトキワイヌビワは実を付けています。そうそう、オガサワラススキの穂もではじめて、これも例年より少し早目です。様々な植物の花を見るのにはベストシーズンで、まだハハジマノボタンやシマザクラの蕾も多いので、台風の被害が最小限に留まってくれ、美しい花が引き続き見られることを願っています。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

路上のアカポッポ

P6060065路上のアカポッポ.jpg 例年より早い梅雨明けを迎えたようで、母島は毎日よく晴れて海も空も夏の色になりました。そんな最近の母島ですが、車で都道を通行中に路上にいる黒っぽい生き物に出会う機会が増えました。ちょっと車のスピードが出ていると見落としてしまいそうな色の鳥ですが、10年程前までは幻の鳥で、母島に住んでいる人でも滅多に見ることがなかった「アカガシラカラスバト(通称:アカポッポ)」です。国指定天然記念物の希少種で、推定250羽前後ではないかと言われるとても貴重な鳥です。環境保全対策の成果があり10年前に比べると個体数も増えましたが、大きな環境変化などがあったらすぐに絶滅してしまいそうな個体数です。ハトの性質上、路上で採食することが多いので、車やバイクで走るときには「やさしい気持ち」を忘れずに、特に「ハトに注意」の看板付近では十分気を付けて走行してください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

光るキノコ

IMG_0569本日のペペ.jpg 母島も梅雨の晴れ間の青空が広がり、日中は暑い毎日です。5月30日の地震では、沢山のかたにご心配頂きましたが、母島は被害も軽微でホッとしました。翌日は余震に備えかなり緊張して一日過ごしたものの、昨日から普通に山に巡視に行ったり調査の仕事に行ったりしています。さて、5月の連休くらいから、ボチボチ確認されていた母島のグリーンペペ(ヤコウタケ)ですが、この頃数も増えていい感じに光っています。最近の湿度と温度は、人間にとっては大変過ごしにくく不快なのですが、グリーンペペたちにとっては、どうやら天国のようです。昨夜のグリーンペペの幻想的な光は、地震騒ぎでちょっと疲れた私をやさしく癒してくれました。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

乳房山開花状況

P5230045乳房山遊歩道現況.jpg 台風7号後の母島ですが、乳房山や石門等のルートではアカギの折れた枝や落ち葉が散乱していたものの、森・山では大きな被害はなくホッとしました。今年の冬は例年に比べて気温が低かったからか、例年に比べて色々な花の開花が少し遅く感じていましたが、ヒメツバキが島内全域で見頃を迎えています。特に、南崎に行く途中の「万年青橋(おもとばし)」の上から見下ろすヒメツバキの花は見事です。乳房山ルートも、もうじきヒメツバキの絨毯を敷き詰めたようになるでしょう。そんな乳房山の開花状況ですが、ムニンネズミモチ、シロトベラ、ヤナギバモクマオ、ハハジマハナガサノキ、テリハハマボウ、オオバシマムラサキ、テイカカズラなどが開花中です。また、ハハジマメグロも台風後に巣立った幼鳥が多く、餌をねだる可愛い姿がみられます。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

旅鳥

P5140101ムナグロ夏羽 ツバメチドリ.jpg 梅雨入りしたかと思ったら晴れ続きで、今度は5月なのに台風の情報もチラホラしていますが、今日は母島に最近訪れている「旅鳥」のお話しです。母島の陸鳥の留鳥(年間とおして観察できる鳥)の種類は、大陸や他の島からとても離れているため少ないのですが、3月頃から母島で見られる鳥の種類が格段に増えます。3月頃は沖港の汽水域にあたる河口付近に水鳥が多く訪れていましたが、最近は早朝の旧ヘリポートや脇浜なぎさ公園でツバメチドリやムナグロ、アマサギなどが見られます。同じ種類でも夏羽のもの、まだ冬羽のものなど色々で、よく観察すると面白いです。ちなみに、私はちょい悪風な顔をしたツバメチドリがお気に入りです。昨年見られたオオルリも、今年も母島周辺に来ているようで、旅鳥をみると季節を感じます。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

イソヒヨドリの親子

IMG_9266イソヒヨドリの親子.jpg 母島の一日は早朝からの鳥の声でスタートします。集落を囲むように山があり、森が近いことから夜明けから鳥の鳴き声が賑やかです。そんな朝、一際大きな鳴き声で目立っているのが「ジィーン、ジィーン」と聞こえてくるイソヒヨドリの幼鳥の声です。ツグミ科の鳥で、日本列島にも広く分布し、母島では一年を通して見られる留鳥です。トカゲ、ヤモリ、ミミズ、昆虫の幼虫などを採食している姿をよく見かけますが、今の時期は巣立った幼鳥が餌をねだって盛んに鳴き、親鳥は大忙しです。画像は雌のイソヒヨドリの成鳥と幼鳥です。雄は頭部から胸、背部が青色、腹部は明るいレンガ色で、電柱や家の屋根等にとまり高い声でさえずっている姿をよくみかけます。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

クリームソーダ

IMG_1385大崩湾.jpg 母島のこの連休中前半は、お天気にハラハラさせられましたが、3日以降は晴れの日が多く、乳房山や石門からみた海の色は夏の海のような色合いでした。画像は、大崩湾という母島の東側の海域です。左奥の白っぽく岩肌が崩れている台地状の森が「石門」地域で、一帯は石灰岩でできたカルスト台地です。カルスト台地の一部が、今から18年程前の大雨で崩れて、石灰岩が海に流れ込んでできた白い海岸付近には、今のシーズンはアオウミガメが沢山集まっています。山を歩いていて双眼鏡で海を覗くと、クリームソーダのような色の海に浮かんでいるカメはとても気持ち良さそうです。でも、海のガイドさんにお聞きしたところ、クリームソーダの辺りは濁りで50p先も見えないのだそうです。陸から歩いて降りることはできない海岸ですが、母島の印象的な風景のひとつです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

鳥の撮影ポイント

IMG_8804メグロとビーデビーデ.jpg 母島滞在中にメグロの写真を撮りたいけれど、どこで撮ったらいいですか?というご相談を受けることがあります。メグロは動きが速い鳥なので、ピントが合ったと思うと飛んでしまいます。それなので、同じ行動を繰り返すような場所(果物を食べる、花の蜜を吸う)では次の行動の予想が付くので、そこにピントを固定しておくと写真が撮りやすいのでは?と思います。母島のあちこちで咲いていたデイゴは赤い色をした鳥媒花ですが、この花には蜜が多いのかメジロとメグロが盛んにやってきます。他には、乳房山や南崎のコースに何箇所かある鳥の水場もいい撮影ポイントです。いい写真が撮れたら、今年も小笠原村主催でフォトコンがあると思いますので、応募してみて下さい。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

清見ヶ岡鍾乳洞

IMG_8514鍾乳洞内部.jpg 最近の母島の晴れた日は、夏のように暑くなりました。そんなときにヒンヤリと涼しいのが清見ヶ岡鍾乳洞です。母島の集落の「清見寺」の裏手にあり、徒歩で行かれるので隙間時間を利用して行くゲストも多く、人気がある場所です。鍾乳洞は、石灰岩地帯にできる洞窟ですが、鍾乳洞の近くにある月ヶ岡神社の境内周辺には、石灰岩が雨水中の成分によって溶食されて出来る、独特ななカルスト地形がみられます。清見ヶ岡鍾乳洞自体は、とても小さな鍾乳洞なのですが、月ヶ岡神社周辺のカルスト地形と合わせて見学されると見ごたえがあると思いますので、是非行ってみてください。見学に行かれる前には、母島観光協会窓口にお立ち寄りください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

御幸之浜展望台

150324umeno.jpg 3月中旬から急に暖かくなり、毎日半袖で過ごしています。日差しも強くなり、晴れの日には透明度が高い海の色が、一層と冴え美しいです。画像は、母島の御幸之浜展望台からの景色です。周囲の海域は、世界自然遺産の海域登録地になっていて、サンゴ礁が広く分布しています。大潮の時期の干潮時には、造礁サンゴが海面から顔をのぞかせて、独特な景観になります。また、この季節には内地では珍しいサイザルアサ(リュウゼツラン科)の花も咲き、鳥たちが花の蜜を求めて集まってきます。ザトウクジラのウォッチングにもいい場所ですが、いつ行っても人が少ない母島の穴場です。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

コウラナメクジ

RIMG1553コウラナメクジのアップ.jpg 母島で人気者の陸産貝類(カタツムリ)で、オガサワラオカモノアラガイという小さな殻を背負った天然記念物のカタツムリがいます。このカタツムリは、湿度が高い母島の雲霧林に生息するカタツムリなので、乾燥から身を守る必要が少ないため殻が小さくなったのではといわれています。それによく似ているのが画像のコウラナメクジです。ナメクジは、カタツムリから殻を失う方向へ進化した生き物だそうですが、コウラナメクジをよく見ると薄く細長い殻が、体内に埋もれるように乗っているのが分ると思います。今朝、自宅近くでパッと見ただけでも数匹いたので、一番殻がはっきりしている個体の写真を撮りましたが、身近なところにも面白い形の生き物がいるとつくずく感じました。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

ハカラメの花、その後

150225umeno.jpg 2月になり、山の斜面が一層色づいてきました。特に岩場はまるで紅葉のように赤色が鮮やかです。その正体は、やはりセイロンベンケイ(島名:ハカラメ)でした。母島の沖港から南北にのびる都道沿いの岩場も、画像のようにハカラメが群生してみごとに開花中です。赤色の正体は、花ばかりではなく葉っぱも赤くなっているからなのですね。集落の近くでは、小剣山(しょうけんさん)の岩場にもちょっとした群落があります。小剣山頂までは、およそ20分の行程で登れます。約110m程の山頂からは、集落や乳房山の稜線、周辺の無人島の島々を望めます。ハカラメの花を観察しがてら、小剣山の散策はいかがでしょうか?
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

山の植物開花状況

150220umeno.jpg 母島の山々にも春を感じさせる植物の開花がみられるようになりました。画像はシマウツボという、ハマウツボ科の寄生植物です。落ち葉の下から出てきたばかりの頃は、黄色いフキノトウのような形をしていますが、しばらくすると海の生き物「ハナヒゲウツボ」によく似た形状の花を付けます。しかし、シマウツボの名前は弓矢の「矢」を入れる「靭(うつぼ)」が由来なのだそうです。この他、山ではシャリンバイ、ハザクラキブシ、セイロンベンケイ、ヒメツバキ、テリハハマボウ等の開花がみられます。また、色々な植物が実を付けているシーズンなので、実の面白い形状を観察しながら山歩きするのもお薦めです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

ハカラメの花

150126umeno.jpg 母島のあちらこちらで「ハカラメ(セイロンベンケイ)」の花が咲き始めました。ハカラメは葉から芽がでるので、小笠原ではこの島名がポピュラーですが、「トウロウソウ」「チョウチングサ」とも呼ばれます。また他地域では「子持ちの葉」「子宝草」「マザーリーフ」と呼ばれたりしています。多肉植物なので葉に水分が多く、壁にピンで刺しておくと沢山の芽がでて楽しめます。花も釣鐘型の見応えがある花が咲きますが、お土産にハカラメを持ち帰ったかたから「花が咲かない。」というご相談を受けることも多いです。画像は私の実家のハカラメですが、冬場は室内に入れて暖かくするといいようです。高さが150cmほどになり、蕾が沢山付いていました。花期が長いので、少し暖かい季節になったら外に出すと花色が濃い赤になると母が言っていました。皆さんも試してみてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

渡り鳥

IMG_1112マガン.jpg
 母島もめっきり冬らしくなり、北東からの冷たい風が吹く毎日です。内地も昨年末から大寒波で大雪のニュースがありましたが、そんな寒さが厳しい年には母島に飛来する渡り鳥が多くなります。先月末ですが、夕日を見に行こうと思い、脇浜なぎさ公園を歩いていたらマガンと思われる大きな鳥2羽に出会いました。手持ちの図鑑をみると生息環境は湖や池、湿地、水田などとのことで、母島にはそうした環境はとても少なく、まして水田は皆無なので主に落穂を採食する鳥には飛来先としては厳しい環境だと思いました。10年以上前だったと思いますが、母島にコハクチョウが数羽で飛来した年があったことを思い出しました。コハクチョウの餌になるような水草やイネ科の地下茎もほとんどないので、衰弱していく様子が哀れでした。この季節に渡り鳥を見るたび、元気で飛び立ってくれることを願わずにはいられません。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする