ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2017年05月19日

コケの森

P1010384ハート形のコケ.jpg 雨不足の母島でしたが、昨日4:00〜今日5:00までの累加雨量は92o(評議平観測)で、シトシトと長く雨が降ってくれたおかげで母島もだいぶ潤いを取り戻しました。最近は森・山の植物も乾燥でぐったりしていたのですが、今日は元気いっぱいに戻っていることと思います。画像は、2011年に撮影した母島の乳房山に生育する固有種のコケで、ムニンシラガゴケです。乳房山は標高400mあたりから雲霧林になって沢山の貴重なコケが生育していることから、2010年に日本蘚苔類学会から「日本の貴重なコケの森」に選定されています。画像のハート型のムニンシラガゴケも、6年が経ち今ではだいぶ密な状態のコケになってきました。是非、母島のコケの森に癒されに来てください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

カクレイワガニ

DSCN6314カクレイワガニ.jpgゴールデンウィーク後半から急に気温が高くなり、母島に一気に夏がやってきた気がしています。例年なら今頃は雨期で、内地の梅雨のように雨が降りやすい季節なのですが。水不足はいつになったら解消されるのでしょうか・・・。さて、そんな最近の母島ですが、気温も低く散歩が快適な早朝に森を歩いていると、ゴソゴソと音がすることがあります。周囲を見回すと、地面の上にはポコポコと空いた小さな穴が。何の穴でしょう?ネズミ?モグラ?残念ながら両方ともはずれです。穴から出入りしているのは、紫色がかった体色の綺麗なカニです。カクレイワガニは、沖縄諸島にも生息している生き物ですが、母島にもたくさんいます。マングローブ林がない母島ですが、割と海岸に近い南崎遊歩道や大沢遊歩道などではカクレイワガニをよく見かけます。ゴソゴソと音がしたら探してみてくださいね。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

ロース石

IMG_0078ロース石切り場とロース石.jpg 今朝、乳房山に行くときに「ロース記念館」の前を通ったところ、石切り場周辺がすっきりと刈り払ってあるのに気づきました。以前はポトスやワニグチモダマに被われていたロース石の石切り場ですが、ロース記念館の建物とロース石製品と共に東京都の文化財に指定されています。ロースというのは人の名で、母島の初期開拓者のフレデリック・ロルフスが日本に帰化したあとに名乗った名前だということです。ロース石とは、母島の標高が低いところに多くみられる凝灰岩で、火山灰や砂礫が堆積してできた岩石です。加工しやすい石で、ヨーロッパなどの古い駅舎などにも凝灰岩がよく使われていますが、ロースさんはこの加工しやすい石の使い方を母島に広めたそうで、そのため母島ではこの凝灰岩のことを「ロース石」とよんでいます。ロース記念館内にも、様々に加工されたロース石の製品があるので見学してみてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

レモンの花

IMG_8645レモンの花.jpg 北港からの帰り道、都道沿いにレモンの花が沢山咲いているところがありました。沈丁花にも似た香りがして、私はレモンの花の香りが大好きです。顔を近づけてよく見たところ、もう柱頭が膨らみ始めていて受粉後なのが分りました。柱頭は雌しべのことですが、レモンの花をよく見ると、黄色い花粉をつけた雄しべが周りをとりまいているのがよく分ります。このような構造の花を両性花といいますが、小笠原の固有植物は雌雄異株で、雌の機能を持った雌花だけ、雄の機能を持った雄花だけの花を付けるものも多いです。両性花のレモンの花ですが、不完全花といって、雌しべが短く雄花の機能しか持たない花もあります。このレモンの花の柱頭はこれからどんどん大きくなり、9月頃には丸々とした美味しいレモンになります。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

パンノキ

DSCN5992パンノキ.jpg 先日、北村の小学校跡周辺を歩いたときのことです。森・山ではあまり見かけない植物にであいました。葉は少し深い切れ込みがあり、パパイヤやヤツデに似ています。少し考えて気が付きましたが、よくハワイアンキルトなどのモチーフになっている「パンノキ」ではないかと思いました。パンノキは、ポリネシア原産の植物だそうです。ジャックフルーツやドリアンに少し似た実がつき、実は蒸し焼きや丸焼きなど加熱して食べるそうです。パンノキは、以前の母島小中学校の正門の脇にも一本ありましたが、北村の「大神宮」とよばれる神社跡の近くに大きな木があり、もしかしたらその木が母樹なのかと想像していますが、一体何によって運ばれたのか不思議な気がしています。ガジュマルに負けずに大きくなって、いつか立派な実を付けてくれるといいなぁと思っています。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

冬の乳房山

IMG_8389登山道 横.jpg 1月になり、母島も北東風の日が多くなり、島民のあいさつも「今日は寒いね!」という日が多くなりました。と、言っても日中の外気温は18℃以上ありますから、寒いなど言っていては内地の人から呆れられるかも知れませんね。ところでそんな母島ですが、森・山は落葉する樹木が少なく、常緑の広葉樹が多いため、一年を通して緑豊かな森が広がっています。今の時期は岩場にセイロンベンケイが花を咲かせたり、モモタマナの葉が紅葉して一部赤色に染まっていたりもしますが、乳房山登山は標高が高くなるにつれ着生植物などが多く、世界中にここにしかないという固有植物もあり、景色もよいのでみどころが多い山です。暑くないこの時期、冬の乳房山は超奨めです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

赤いドングリ???

IMG_6886クリスマスパーム.jpg 母島に到着すると、海岸にずらっと背が高いヤシが並んでいて「南国に来たのだぁ。」と感じるかたも多いのではないでしょうか?沖港の前浜に並んでいるヤシはココヤシという種類で、図鑑によると1年間で60個以上も実が付くそうです。ココヤシの実は1個の大きさも人の頭ほどあり、とても大きな実です。集落を歩いていると、この他にも沢山の種類のヤシがあるのですが、気付いたかたはいらっしゃるでしょうか?徳利のように、幹の下部が膨らんだ「トックリヤシ」、ちょっと似ているけれども、幹の中間部が膨らんだ「トックリヤシモドキ」、その他に赤いドングリのような実を付けたヤシの木もあります。とてもカラフルな実を付けるこのヤシは「マニラヤシ」別名「クリスマスパーム」とも呼ばれるヤシです。クリスマス頃にクリスマスカラーの実を付けるこのヤシは、すらりとして姿もいいヤシです。集落の散策のときに探してみて下さい。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

アフリカフウチョウソウ

DSCN5122アフリカフウチョウソウ.jpg 先日、鳥の調査をしていたときのことです。足元に咲いている可愛らしい薄紫色の花に目がとまりました。私がはじめて見る植物で、豆果や三出複葉の葉のでかたから「マメ科の何かだろうか。」と思い、手持ちの図鑑で調べたのですが、分らず困っていたところ、親切なかたがアフリカフウチョウソウという外来植物だと教えてくださいました。『日本帰化植物写真図鑑第2巻』によると、熱帯アフリカ原産で、東南アジアや熱帯アメリカに広く帰化しているとのことです。日本には1998年に侵入した記録があり、定着してからそう長い年月が経っていないにも関わらず、各地へ分布を広げているようです。ネットで検索したところ、野菜の種を播いたらアフリカフウチョウソウが芽を出したことや、牧草地で広がっているというサイトが目に留まりました。花は少しスミレにも似ていて可愛らしいのですが、匍匐性でどんどん広がりそうです。種はアリに運ばれるようなので、今後広がるかも知れないと思うと少し心配になりました。みつけても庭などに移植しないようにしてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

朝焼け

IMG_6823朝焼け.jpg 11月23日の月ヶ岡神社例大祭を過ぎると、母島も冬らしく(と、言っても日中は25℃くらい)なってきますが、冬は朝焼けが綺麗な日が多くなります。画像は、自宅からみた今朝の朝焼けです。夕焼けは快晴の兆し、朝焼けは雨の兆しなどと言われますが、今日の天気予報は日中は晴れ。さぁ、このあとの天気いったいどうなるでしょうか?ちょっと楽しみです。母島の夕日鑑賞ではサンセットシアターや鮫ヶ崎展望台がお薦めですが、朝焼けは空が広い脇浜なぎさ公園がお薦めです。母島のあるかたは、集落にある小剣先からみる朝焼けが好きだそうで、早朝に小剣先から朝焼けをみていると母島の王様になった気がするそうです。早起きは三文の徳、今朝のきれいな朝焼けをみて私もちょっと得をした気分になりました。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

島の香りアロマバスコレクション

IMG_9591アロマバスコレクション 横.jpg 台風23号が通過し、静かな母島に戻りました。11月の台風は過去の記録をみても甚大な被害をもたらしていますからかなり心配したのですが、母島からはだいぶ離れて通過してくれ大きな被害もなくホッとしました。台風前から後にかけて急に風が冷たくなり、いつもはシャワー浴が多い私ですが、そろそろ湯船に浸かってお風呂でゆっくりできるかな、などと考えているところです。島の香りに包まれてバスタイムを過ごせるバスクリン「小笠原アイランド・アロマバスコレクション」ですが、小笠原村観光局とのコラボレーションで開発された商品で、期間限定のスパークリング温浴剤です。小笠原の固有植物のシマギョクシンカ、ムニンヒメツバキの香りの他、レモンやパッションフルーツなど小笠原の果物の香りもあり、4種類の香りが合計12包入っています。ネットショッピングでも購入できるので、内地にいながらも島の香りを楽しめます。これからの季節、プレゼントにもお薦めですよ!
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月05日

アオサギ

DSCN4606アオサギ.jpg 北東の風が吹く日が多くなり、急に秋の深まりを感じています。と、言っても日中の気温は28℃くらいあり、お天気が良い日はまだ暑い母島です。そんな季節の変化を敏感に感じているのが野生の鳥たちです。この頃の母島では、旅の途中なのか色々な水辺の鳥が立ち寄るようになりました。特に大きくて目をひくのがアオサギです。母島の前浜の河口付近や漁港がお気に入りのようで、何羽かでまとまっていることが多く、ゆっくり近づくと写真も撮りやすいです。この日に見た3羽のアオサギは、頭部にある冠羽や胸の飾り羽がみられないので、若鳥のようです。食物は、魚類・両生類・爬虫類・小型哺乳類・鳥類の雛などを食べるそうですが、前浜の河口部にはボラの稚魚やオオヒキガエルなどが沢山いるので採食環境もよさそうです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

ムニンシュスラン

P1160621ムニンシュスラン.jpg10月になり、母島の北部や南部の森ではオガサワラゼミの大合唱が聞かれる季節になり、秋を感じています。また、森の植物もだんだんと秋〜冬の植物の開花時期へと移行しています。その中でも、一段と可愛らしいのが画像のこの花です。小笠原の固有種のムニンシュスランは、漢字で書くと「無人繻子蘭」。繻子(しゅす)とは、着物生地のことで、洋服でいったらサテン生地が近いでしょう。葉っぱの光沢感や質感が似ているというのが命名の由来らしいです。日本全国に色々なシュスランの仲間がありますが、ムニンシュスランは花茎が他のシュスランに比べると長く、そのため花序も花数が多いのでなかなか見ごたえがあります。花の色は乳白色〜ピンクベージュです。これからしばらく1月頃までは花が楽しめます。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月17日

仙人状態

RIMG7842ムニンセンニンソウ.jpg 先日は中秋の名月で、オガサワラススキを活けお月見をした島民のかたも多かったかと思いますが、母島の山ではこの植物も見頃です。ムニンセンニンソウという小笠原諸島の固有植物ですが、乳房山や都道北進線では花がまだ沢山あり、堺ヶ岳付近では種がついています。蔓性の多年草ですが「寿命が長いから仙人草なのですか?」と質問を受けたことがありますが、まるで仙人のヒゲのような白い毛がある痩果(そうか)をつけるためそのような命名になったようです。今はちょうどいい「仙人状態」になっているものもあり、白銀色の毛が美しいのでじっくり観察してみてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

オオノウタケ

DSCN3788オオノウダケ.jpg 8月中は台風の来襲が多く、森歩きもやむなく中止の日が多かったのですが、そのおかげか森はしっとりと潤い、キノコが多く発生しています。母島は固有植物の宝庫ですが、地味なものが多いためか、ガイドが熱心に解説してもツアー中のウケは微妙なところです。その一方で形のユニークさで惹きつけられるのでしょうか、キノコは毎回のツアーで人気者です。画像はオウノウタケ。名前のようにちょっと脳に似た形のホコリタケ科のキノコです。成熟すると頂部が破れやすくなり、ホコリタケと同じようにボアッと埃のような胞子を飛ばします。注意してみると、南崎遊歩道や大沢遊歩道等の歩道上でみつけることができます。他にもホウキタケやソウメンタケ等の面白い形のキノコが発生しています。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

ムニンセンニンソウ

RIMG7413ムニンセンニンソウ.jpg8月に入ってから、山を歩いていてふと甘い香りに気付くことがあります。蜂蜜のような心地よい甘い香りです。辺りを見回すと、大抵この花があります。清楚な白い蔓性の植物「ムニンセンニンソウ」は、環境省のレッドリストの絶滅危惧U類に区分される小笠原諸島の固有種です。白く花びらのように見えるのは萼片だそうで、乳房山の登山道にも白い花びらのように沢山落ちているのでみつけやすいと思います。車で北村に向かう途中の、桑ノ木山付近の落石防止用のネットに絡んで咲いているものもあります。このところ台風続きですが、母島から遠く離れて台風が通過してくれているので、今のところ当分花が楽しめそうです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

北港

IMG_4559北港.jpg毎日暑い日が続きますが、こんな時はスノーケリングが最高です。母島観光協会には「小笠原母島スノーケリングブック」というマップが用意されていて、このマップでは母島で人気の10カ所のスノーケリングポイントを紹介しています。画像は、母島の北部に位置する「北港」を東山遊歩道からみた様子ですが、北港は細長い入り江になっていて、入江の両側にはみごとなサンゴ礁が広がり、中央は砂地という変化にとんだ水中景観になっています。また、アオウミガメと泳げるポイントとしても人気があります。北港にはバイクや車でアクセスでき、駐車場からは徒歩1分ほどで海岸です。ただし、内地の観光地のように自動販売機やショップはないので飲み物や食べ物等を用意して行った方がいいです。また、携帯電話も圏外なので(近くに衛星公衆電話は有り)無理はしないで安全なスノーケリングを心がけてくださいね。屋根付きの休憩所もあるので、泳いだあとに昼寝したり読書したりと、一日かけて楽しめる場所です。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

タマナの花

DSCN3023テリハボク.jpg 母島の沖港周辺を歩いていると、周辺の木々に比べ群を抜いて大きな木を目にすることがあると思います。樹肌はひび割れてゴツゴツしていて、そう、まるで歌舞伎揚げせんべいのような幹肌をした木です。小笠原諸島では「タマナ」と呼ばれ「玉名」と当て字されている「テリハボク」ですが、島名の「タマナ」はハワイ語で同じ木をtamaniと呼ぶことに由来するそうです。集落内でタマナの大木が多いのは、土地の境界を示す木として植えられたことや、人が生まれたときの記念樹として植えられたことなどから、長年伐採されずに残ったためです。防風林として植樹もされていて、海岸林にはタマナばかりの一帯がみられます。ちょうど今が花期で、白い花が満開に咲いて見ごたえがあります。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

オガサワラクマバチ

IMG_5623オガサワラクマバチ.jpg 例年では梅雨シーズンで、雨が多い母島ですが、今年は曇り〜晴れの日が続いています。一昨日くらいからまとまった雨があり、森の動植物もほっと一息ついているようです。この時期、森や集落を歩いていると耳元で「ブーン」という大きな羽音で驚くことが多いのではと思います。音の正体は「オガサワラクマバチ」の羽音です。色々な花に訪花しますが、写真を撮りやすいのが南進線の「万年青橋」の上からです。ムニンヒメツバキを見ていると沢山のオガサワラクマバチが来ていると思います。迫力がある羽音ですが、刺されることはまずないので安心してください。写真はオオバナセンダングサに訪花している♂で全体に金色の毛があります。♀は全体が黒っぽい色をしていて、♀を見かけることのほうが多いです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

北進線の赤い花と白い花

IMG_5509ヒギリ.jpg母島の沖港の漁協売店前あたりを起点として、北に延びる道路を「北進道」南に延びる道路を「南進線」とよんでいますが、北進線を北港に向かう途中の庚申塚あたりから、赤い花をつけた低木が目立ちます。クレロデンドロム属のヒギリですが、インド原産で日本には江戸時代に入ってきたそうです。漢字で書くと「緋桐」と書くそうで、赤い花の色と桐に似た葉の形が由来になっています。また、北進線では白い花も見頃を迎え、一際目をひきます。小笠原諸島の固有植物でヒメツバキ属のムニンヒメツバキ(ヒメツバキ)です。雨が降った翌日には道路にも沢山の白い花が落ちていて花の絨毯のようになっています。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

最大級のチビ

IMG_5423.jpg晴れの日が続き嬉しい連休でしたが、5月中旬になっても晴れ続きで「いつになったら梅雨になるのだろう?」と心配な気持ちになっていたところ、どうやら梅雨入りしたような母島です。森は乾燥してカラカラでしたから「恵みの雨」のとおり植物やカタツムリや昆虫や鳥にとっても嬉しい雨です。さて、先日のガイド中に足元から視線を感じて、ふと見下ろすと小さなものが動いていました。「踏まないで〜。」とチビクワガタは精一杯の気持ちで私に念力を送っていたのでしょう。体長2pほどの小さな昆虫で小笠原の固有種「オガサワラチビクワガタ」ですが、普段は朽木の中で生活しています。とても小さくて驚く程ですが、世界のチビクワガタの仲間の中では最大級なのだそうです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする