ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2018年01月21日

ムニンモチの新葉

RIMG3036ムニンモチの新葉.jpg1月中旬は冬とは思えない暖かな日が続いて、こんなときに母島に住んでいる幸せを感じます。母島の植物たちも、日当たりが良い場所では新葉が鮮やかな色で展葉し、目を楽しませてくれています。母島には「ムニンモチ」と「シマモチ」の2種類に分類されているモチノキ科の植物がありますが、最近の研究の成果によると、遺伝解析の結果では両者に遺伝的分化はみられなかったということです(森林総合研究所 森林管理技術-3)。葉の形態で分類すると、乳房山のような標高が高く土壌が湿った地域ではムニンモチが、南崎のような標高が低く土壌がやや乾燥した地域ではシマモチが多いように思います。画像はムニンモチと思われる個体の新葉です。透明感がある紫色で、遠くから見るとまるで花が咲いているように見えます。シマモチは、南崎周辺で花が開花中です。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

ハザクラキブシ満開

IMG_1366ハザクラキブシ.jpg雨がちだった12月に比べて、新年になってからはお天気がよい日が続いています。暖かな日が多いからかハザクラキブシも満開になりました。ハザクラキブシは母島の乳房山〜堺ヶ岳の雲霧林に自生するキブシ科の固有種です。近縁種としてナガバキブシ(父島)やハチジョウキブシ(伊豆諸島)などがありますが、こちらは花序の長さは10p前後ほどだそうです。ハザクラキブシは、種名のように葉がサクラの葉に似ていて、花序の長さは30pくらいあるものもあります。このような花序の長さは生育する環境に適応したためだと考えられており、母島の雲霧林のような湿潤な森では画像のようなみごとな花をみることができるのです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

オガサワラグミ

RIMG2278オガサワラグミ.jpg先日母島に来島されたかたから「ははじま丸を降りた瞬間に甘い花の香りがしたんですが、何の花ですか?」と質問されました。クロツグというヤシ科の植物はキンモクセイのような甘い香りがしますが初夏頃の花ですし、甘い花の香りについてはすぐに答えられませんでした。その会話から少したってから山を歩いていて、森全体に甘い香りが充満しているのに気づきました。その正体はオガサワラグミでした。例年では1月頃が花の時期と記憶していましたが、今年は少し早く開花したようです。葉の裏が銀色の蔓性の植物で、クリスマス頃にはこの蔓を使ってリースを編む人もいます。実は3月頃には赤く色づき、食用になります。メグロなどもこの実が好きで、実を啄んでいるのをよく見かけます。今日は乳房山を一周してきましたが、今年は花付きがよく乳房山全体に甘い香りが漂っていました。今年は実も豊作なことでしょう。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

乳房山開花情報

P1000140新しくなった登山道.jpg 11月中は前半が雨の日が多く、月末に近づくにつれて晴れの日が多い一カ月でした。乳房山登山道の改修工事のため、通行止め期間がありましたが、西ルート入口から船木山遊歩道・玉川ダム方面口までは通行可能です。快晴の今日は、玉川ダム方面から入山し、新しくなった登山道を歩いてきました。乳房山では母島の固有種のワダンノキのほか、シマザクラ、テリハハマボウ、シャリンバイ、ムニンヤツデ等が開花中で、渡りをするチョウで有名なアサギマダラがムニンヤツデで吸蜜していました。古くなっていた木道は下山中に滑りやすく、いつも心配でしたが、新しくなった木道には手すりも付いてとても歩きやすくなっていました。工事関係者の皆様、ありがとうございました。東ルート入口から玉川ダム方面分岐まではまだ通行止めの日もあるので、乳房山に行く方は母島観光協会で確認してから入山してください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

アフリカマイマイ

IMG_1085アフリカマイマイ.jpg
 11月は例年では雨が多い季節ですが、このところ本当によく雨が降っています。昨年の冬の旱魃のことを思うとありがたい恵みの雨ですが、ご旅行中のかたはがっかりなことだと思います。雨が続くと母島の集落でよく見かけるのがこのアフリカマイマイです。カタツムリは夜行性なので、星を見に行くときや朝日を見に行くときには路上に無数に広がっていることも多く、足元に気を付けないと踏んでしまうことがあると思います。アフリカマイマイは小笠原へは昭和初期に台湾から薬効があるとして持ち込まれたようです。現在では広東住血線虫が寄生していることが広く知られていますが、検体の6割くらいから検出されているそうですので、気を付けてください。画像はキナバル山に行ったときに地元のお土産物屋さんで買ったカタツムリの置物です。アフリカマイマイによく似ていると思います。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

ジュズサンゴ

IMG_1238ジュズサンゴ花と実.jpg 母島の集落を歩いていると、本州ではあまり見かけない野草が多いのではと思います。画像の植物もそのひとつで、和名をジュズサンゴといい、南アメリカやアフリカを中心に分布するヤマゴボウ科の植物です。道路の路肩や公園の片隅などで見かけますが、明治後期には父島に入ってきているようで、母島では鑑賞用として栽培もされていたそうです。母島北部の大沢遊歩道入口や、南崎や乳房山の歩道沿いにも自生しており、落果が自然に発芽するので増えやすく、鳥も果実を食べるので鳥散布でも増えているようです。白い小花と赤く艶がある実の色の対比が美しく、観光の方から人気がある植物です。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

シカクマメ

IMG_1228.jpg 台風15号後にしばらく台風の影響がなかった母島では、色々な農産物が収穫期をむかえています。農協の売店をのぞくと、オクラやキュウリやインゲンなど、母島でとれた野菜が「島野菜コーナー」の冷蔵ケースに並んでいてとても嬉しくなります。そんな中でも珍しい形で、観光のかたからも人気があるのがこの「シカクマメ」です。サヤのほか、葉・花・地下茎なども食用になるそうですが、母島のお店で販売されているのはこのサヤの部分です。サヤの断面が四角い形をしているのが名前の由来ですが、沖縄では初夏から収穫されるので「うりずん豆」などともよばれているそうです。シカクマメは保冷する必要がなく軽いので、お土産にもお薦めです。天ぷらや炒め物やあえ物、肉巻などにすると美味しい島野菜です。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

乳房山開花状況

DSCN7731シマザクラ.jpg 台風15号後、晴れの日が多くもう一度夏に戻ったかのような母島です。そんな中、母島のあちこちでは天然記念物のオガサワラゼミが鳴いています。最盛期には会話ができないほどのボリュームで鳴くオガサワラゼミですが、今のところチラホラという感じで、10月になっても鳴き声が聞かれるのではないかと思っています。植物の開花状況ですが、乳房山ではシマザクラ(アカネ科)が満開で、蜜を求めてやってくるオガサワラクマバチも観察できます。その他、ムニンセンニンソウ、ムニンシュスラン、ナンバンギセルなども開花中です。ハハジマノボタンの開花はほぼ終わりですが、1~2輪花が残っている枝もあるので、注意して探してみるとみられると思います。旱魃だった影響かワダンノキの開花は今年は少し遅くなるかと思います。まだ暑い時期ですので、十分な飲み物を持って山歩きを楽しんでください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

オガサワラキンハナビラタケ

DSCN7740オガサワラキンハナビラタケ.jpg  長かった台風15号の停滞。母島はその後濃い霧の朝が続きましたが、そんな霧の中で生き生きとしているのが森のキノコたちです。様々な色や形のバリエーションがあるキノコは、ガイドツアー中もゲストから大人気です。ところが、その場では名前が分らないキノコも多く、いつも私が頼りにしているのが「小笠原きのこ小図鑑」です。小笠原野生生物研究会が発行していて、小笠原の森・山でよく見かけるキノコが収録されています。先日みかけた透明感がある黄色のこのキノコは、オガサワラキンハナビラタケ(シロキクラゲ科)のようです。プルプルとした薄い寒天が重なり合ったようなキノコで、まとまって発生することも多く、ユニークな形に見入ってしまいます。霧の森でキノコウォッチングはいかがでしょうか。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

台風後の鳥の巣

DSCN7082鳥の巣.jpg 台風5号が通過し、樹木の枝折れや倒木が多かった母島ですが、森・山ではたくさんの鳥の巣が落ちていました。オガサワラビロウの幹の繊維を使って、カップ型の巣を作るのはメジロだそうです。メジロは、樹木の枝先にぶらさかるような吊り巣を作るため、台風の強風で枝が強く揺すぶられると巣が落ちてしまうようです。一方で、固有種のメグロは、樹木の幹と枝が叉になった部分にやや深さがある固定した巣を作るため、台風の強風でも巣が落ちにくいようです。さすが固有種!揺れにくい場所に巣を作るなんて気候に適した生き残り作戦のひとつではないでしょうか。メグロの巣材もオガサワラビロウの繊維を多く使っていて、地面に落ちた巣はパッと見た感じではよく似ていますが、巣の大きさ・形状などでよく見ると違いがあります。また、巣材が豊富に手に入るため、落ちなかった巣も再利用はしないことが多いそうです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

アジサイに似た花

IMG_0196アジサイに似ているサンタンカ.jpg 高気圧が張り出し、夏本番の母島です。内地は台風3号と梅雨前線の影響でお天気がすぐれないようですが、アジサイが見頃な季節、名所等にも影響がないといいのですが。さて、母島の集落で年間通して咲いている花ですが、「アジサイに似ている赤やピンクや黄色の花、なんていう花ですか?」とよく名前を質問されます。イクソラとよばれるアカネ科の低木が集落内に何種かあり、サンタンカは特に知名度が高いですが、イクソラの仲間は熱帯を中心に約500属6000種もあるそうです。園芸種としても大変人気があり、色々な栽培名がついています。集落の植物は色とりどりで亜熱帯に来た旅情をかきたてられます。珍しい花を眺めながらの涼しい時間帯のお散歩は、旅のよい思い出になるのではないでしょうか。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

夜香木

DSCN6507ヤコウボク.jpg この季節、夕方頃から夜にかけて集落を歩いていると、強い花の香りが漂ってくることがあります。目立たない低木なので、香りの周辺を探しても見つからないことがあるかも知れません。香りの主は夜香木(ヤコウボク)で、英名はナイトジャスミンというそうです。名前があらわすとおり、夜になると香るナス科の低木の樹木です。熱帯地方が原産地の植物ですが、母島でもよく育っており、挿し木で増やせるとのことです。この他にも集落ではクロツグというヤシ科の植物の花も開花中で、キンモクセイに似た香りを漂わせています。クロツグは月ヶ岡神社で開花中ですので、行ってみてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

コケの森

P1010384ハート形のコケ.jpg 雨不足の母島でしたが、昨日4:00〜今日5:00までの累加雨量は92o(評議平観測)で、シトシトと長く雨が降ってくれたおかげで母島もだいぶ潤いを取り戻しました。最近は森・山の植物も乾燥でぐったりしていたのですが、今日は元気いっぱいに戻っていることと思います。画像は、2011年に撮影した母島の乳房山に生育する固有種のコケで、ムニンシラガゴケです。乳房山は標高400mあたりから雲霧林になって沢山の貴重なコケが生育していることから、2010年に日本蘚苔類学会から「日本の貴重なコケの森」に選定されています。画像のハート型のムニンシラガゴケも、6年が経ち今ではだいぶ密な状態のコケになってきました。是非、母島のコケの森に癒されに来てください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

カクレイワガニ

DSCN6314カクレイワガニ.jpgゴールデンウィーク後半から急に気温が高くなり、母島に一気に夏がやってきた気がしています。例年なら今頃は雨期で、内地の梅雨のように雨が降りやすい季節なのですが。水不足はいつになったら解消されるのでしょうか・・・。さて、そんな最近の母島ですが、気温も低く散歩が快適な早朝に森を歩いていると、ゴソゴソと音がすることがあります。周囲を見回すと、地面の上にはポコポコと空いた小さな穴が。何の穴でしょう?ネズミ?モグラ?残念ながら両方ともはずれです。穴から出入りしているのは、紫色がかった体色の綺麗なカニです。カクレイワガニは、沖縄諸島にも生息している生き物ですが、母島にもたくさんいます。マングローブ林がない母島ですが、割と海岸に近い南崎遊歩道や大沢遊歩道などではカクレイワガニをよく見かけます。ゴソゴソと音がしたら探してみてくださいね。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

ロース石

IMG_0078ロース石切り場とロース石.jpg 今朝、乳房山に行くときに「ロース記念館」の前を通ったところ、石切り場周辺がすっきりと刈り払ってあるのに気づきました。以前はポトスやワニグチモダマに被われていたロース石の石切り場ですが、ロース記念館の建物とロース石製品と共に東京都の文化財に指定されています。ロースというのは人の名で、母島の初期開拓者のフレデリック・ロルフスが日本に帰化したあとに名乗った名前だということです。ロース石とは、母島の標高が低いところに多くみられる凝灰岩で、火山灰や砂礫が堆積してできた岩石です。加工しやすい石で、ヨーロッパなどの古い駅舎などにも凝灰岩がよく使われていますが、ロースさんはこの加工しやすい石の使い方を母島に広めたそうで、そのため母島ではこの凝灰岩のことを「ロース石」とよんでいます。ロース記念館内にも、様々に加工されたロース石の製品があるので見学してみてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

レモンの花

IMG_8645レモンの花.jpg 北港からの帰り道、都道沿いにレモンの花が沢山咲いているところがありました。沈丁花にも似た香りがして、私はレモンの花の香りが大好きです。顔を近づけてよく見たところ、もう柱頭が膨らみ始めていて受粉後なのが分りました。柱頭は雌しべのことですが、レモンの花をよく見ると、黄色い花粉をつけた雄しべが周りをとりまいているのがよく分ります。このような構造の花を両性花といいますが、小笠原の固有植物は雌雄異株で、雌の機能を持った雌花だけ、雄の機能を持った雄花だけの花を付けるものも多いです。両性花のレモンの花ですが、不完全花といって、雌しべが短く雄花の機能しか持たない花もあります。このレモンの花の柱頭はこれからどんどん大きくなり、9月頃には丸々とした美味しいレモンになります。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

パンノキ

DSCN5992パンノキ.jpg 先日、北村の小学校跡周辺を歩いたときのことです。森・山ではあまり見かけない植物にであいました。葉は少し深い切れ込みがあり、パパイヤやヤツデに似ています。少し考えて気が付きましたが、よくハワイアンキルトなどのモチーフになっている「パンノキ」ではないかと思いました。パンノキは、ポリネシア原産の植物だそうです。ジャックフルーツやドリアンに少し似た実がつき、実は蒸し焼きや丸焼きなど加熱して食べるそうです。パンノキは、以前の母島小中学校の正門の脇にも一本ありましたが、北村の「大神宮」とよばれる神社跡の近くに大きな木があり、もしかしたらその木が母樹なのかと想像していますが、一体何によって運ばれたのか不思議な気がしています。ガジュマルに負けずに大きくなって、いつか立派な実を付けてくれるといいなぁと思っています。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

冬の乳房山

IMG_8389登山道 横.jpg 1月になり、母島も北東風の日が多くなり、島民のあいさつも「今日は寒いね!」という日が多くなりました。と、言っても日中の外気温は18℃以上ありますから、寒いなど言っていては内地の人から呆れられるかも知れませんね。ところでそんな母島ですが、森・山は落葉する樹木が少なく、常緑の広葉樹が多いため、一年を通して緑豊かな森が広がっています。今の時期は岩場にセイロンベンケイが花を咲かせたり、モモタマナの葉が紅葉して一部赤色に染まっていたりもしますが、乳房山登山は標高が高くなるにつれ着生植物などが多く、世界中にここにしかないという固有植物もあり、景色もよいのでみどころが多い山です。暑くないこの時期、冬の乳房山は超奨めです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

赤いドングリ???

IMG_6886クリスマスパーム.jpg 母島に到着すると、海岸にずらっと背が高いヤシが並んでいて「南国に来たのだぁ。」と感じるかたも多いのではないでしょうか?沖港の前浜に並んでいるヤシはココヤシという種類で、図鑑によると1年間で60個以上も実が付くそうです。ココヤシの実は1個の大きさも人の頭ほどあり、とても大きな実です。集落を歩いていると、この他にも沢山の種類のヤシがあるのですが、気付いたかたはいらっしゃるでしょうか?徳利のように、幹の下部が膨らんだ「トックリヤシ」、ちょっと似ているけれども、幹の中間部が膨らんだ「トックリヤシモドキ」、その他に赤いドングリのような実を付けたヤシの木もあります。とてもカラフルな実を付けるこのヤシは「マニラヤシ」別名「クリスマスパーム」とも呼ばれるヤシです。クリスマス頃にクリスマスカラーの実を付けるこのヤシは、すらりとして姿もいいヤシです。集落の散策のときに探してみて下さい。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

アフリカフウチョウソウ

DSCN5122アフリカフウチョウソウ.jpg 先日、鳥の調査をしていたときのことです。足元に咲いている可愛らしい薄紫色の花に目がとまりました。私がはじめて見る植物で、豆果や三出複葉の葉のでかたから「マメ科の何かだろうか。」と思い、手持ちの図鑑で調べたのですが、分らず困っていたところ、親切なかたがアフリカフウチョウソウという外来植物だと教えてくださいました。『日本帰化植物写真図鑑第2巻』によると、熱帯アフリカ原産で、東南アジアや熱帯アメリカに広く帰化しているとのことです。日本には1998年に侵入した記録があり、定着してからそう長い年月が経っていないにも関わらず、各地へ分布を広げているようです。ネットで検索したところ、野菜の種を播いたらアフリカフウチョウソウが芽を出したことや、牧草地で広がっているというサイトが目に留まりました。花は少しスミレにも似ていて可愛らしいのですが、匍匐性でどんどん広がりそうです。種はアリに運ばれるようなので、今後広がるかも知れないと思うと少し心配になりました。みつけても庭などに移植しないようにしてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする