ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2019年05月09日

乳房山の開花状況

IMG_4026シマギョクシンカ.jpg 大型連休も終わり、母島は雨季に入ったようです。毎日たくさんの雨が降り、貯水率が下がっていた乳房ダムも昨日は84%になったそうで一安心です。しっとりとした森・山では、カタツムリを以前のようにまた見かけるようになりました。そんな母島の乳房山は植物の開花シーズンを迎えています。先日見かけたものでは、シマギョクシンカ、ムニンモチ、シマザクラ、テリハハマボウ等の固有植物の他、テイカカズラ、ヤナギバモクマオウ、セイロンベンケイなどが開花していました。画像のシマギョクシンカは特によい香りがするので、見かけたら香りを確かめてみてください。この他、オオバシロテツやヒメツバキも蕾を付けており、来月頃には様々な種類の花を楽しめると思います。雨が降りやすい季節なので、森・山の散策にはレインウエアをお忘れなくご用意ください。

posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする