ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2016年12月22日

アフリカフウチョウソウ

DSCN5122アフリカフウチョウソウ.jpg 先日、鳥の調査をしていたときのことです。足元に咲いている可愛らしい薄紫色の花に目がとまりました。私がはじめて見る植物で、豆果や三出複葉の葉のでかたから「マメ科の何かだろうか。」と思い、手持ちの図鑑で調べたのですが、分らず困っていたところ、親切なかたがアフリカフウチョウソウという外来植物だと教えてくださいました。『日本帰化植物写真図鑑第2巻』によると、熱帯アフリカ原産で、東南アジアや熱帯アメリカに広く帰化しているとのことです。日本には1998年に侵入した記録があり、定着してからそう長い年月が経っていないにも関わらず、各地へ分布を広げているようです。ネットで検索したところ、野菜の種を播いたらアフリカフウチョウソウが芽を出したことや、牧草地で広がっているというサイトが目に留まりました。花は少しスミレにも似ていて可愛らしいのですが、匍匐性でどんどん広がりそうです。種はアリに運ばれるようなので、今後広がるかも知れないと思うと少し心配になりました。みつけても庭などに移植しないようにしてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする