ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2021年12月22日

冬至

P1140562.jpg 母島も北西の風の日が多くなり冬を感じる毎日ですが今朝7:00の屋外の気温は18℃、長く母島に住んでいると18℃でも寒く感じてしまいます。今日は冬至で昼間が最も短い日ですが、母島の日出は6:17頃・日没は16:43頃です。明日から少しずつ昼間の時間帯が長くなるのが嬉しいですね。日本には冬至の日にはカボチャを食べたり
柚子湯に入るなどの風習がありますが、柚子が手に入らなかったので、シークワーサーとバスクリンの小笠原レモンの香りでお風呂に入ろうと思います。今年は母島のシークワーサーが豊作で母島農協売店でよく見かけました。シークワーサーには免疫力アップや認知症予防効果の他にも様々な効能があるそうです。黄色くなったシークワーサーは甘みがあり、温州みかんのような味で絞って生ジュースで飲んでも美味しいです。見かけたら購入してみてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。