ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2019年10月19日

船木山の滝

DSCN0137船木山の滝.jpg 台風19号後、日本各地から被災の状況が報道されていて心が痛みます。台風19号は母島から450q以上離れて通りましたが、それでもかなりの風雨でした。台風後は母島の森が長時間吹いた潮風で傷み、木々の葉が茶色くなって徐々に落葉してきました。台風後各所のルートチェックに歩いていますが、いつもは水流がない「船木山の滝」がみごとな滝になっていました。この周辺は年間通して気温が低く、戦前はこのあたりで白菜を作ったところよく作物ができたそうです。現在では近くにコーヒーが何株か育っていて、シマホルトノキやオガサワラリュウビンタイ等が自生して湿性高木林の雰囲気を醸しだしています。近くにはベンチがあり、ゆっくり休憩していると滝つぼを利用する鳥を観察することもできました。

posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

ゴールデンシャワー

DSCN0045ゴールデンシャワーの花.jpg
 母島の北進線の蝙蝠谷付近には、ゴールデンシャワー(ナンバンサイカチ)が開花中で、車で通るたびチラ見していますが、黄色い花は見る人の気持ちを明るくしてくれる気がします。花をよく見ると、花色が薄い黄色から濃い黄色へとグラデーションがかかっていて、天然記念物のオガサワラクマバチが蜜を求めてよくやって来ています。低い位置にも花が咲いているので、オガサワラクマバチの写真も撮りやすいですよ。また、ゴールデンシャワーの木の下には昨年咲いたあとにできた沢山の実が落ちていますが、とても長く堅い鞘なので私は肩たたきに使っています。鞘の中には大きな種子が入っていますが、小笠原では特に利用はしていません。ゴールデンシャワーはタイの国花だとか。日本では沖縄や奄美などの南の地方にも生育しているそうです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする