ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2019年03月28日

コーヒーの花

P1040288コーヒーの花.jpg 日本各地から桜の花だよりが寄せられる季節となりましたが、母島のフルーツロードではコーヒーの花が花盛りです。コーヒーはアカネ科の3〜4mの低木ですが、花には芳香があり近づくと心地よい爽やかな香りが漂ってきます。小笠原へコーヒーがやってきたのは明治時代にさかのぼり、母島でも明治時代には無償で苗が配られたようです。フルーツロードではコーヒーの花のほか、赤く熟したコーヒーの実が付いている木もあるので、のんびり散策しながら探してみてください。コーヒーの近くにはナンヨウサクラとも呼ばれる赤い花が咲いています。また、シャシャップやジャックフルーツやピタンガなど珍しい果物も実っています。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

ホエールウォッチング

IMG_5137スパイホップ.jpg 母島で企画としてのホエールウォッチングが初めて開催されたのが 1988年のことですが、翌年から事業化されそれからザトウクジラが見られる島として沢山のお客様が小笠原諸島にいらっしゃるようになりました。母島は海のツアーの業者が少ないため、ザトウクジラものんびり母島周辺を回遊しているようで、沖港を出発してすぐの地点でウォッチングが楽しめます。3月3日はOWA母島支部主催で島民ホエールウォッチングが開催され、沢山のザトウクジラに出会うことができました。画像はスパイホップという行動で、海面からザトウクジラが顔をだし周辺を見渡しているこころです。背景に陸が映っていますが、こんなに陸から近いところでクジラが見られるのが母島のホエールウォッチングの特徴です。ザトウクジラに会いに母島に是非ご来島ください!
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする