ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2018年10月25日

オガサワラヒヨドリ

DSCN8675オガサワラヒヨドリ.jpg 10月の上旬まで鳴き声が聞かれたオガサワラゼミも静かになり、秋の気配が濃くなってきた母島です。桑ノ木山周辺ではムニンシュスランの花が見頃になっていて、私は植物の花で秋を感じていますが、鳥の鳴き声で秋を感じる島民もいます。ガジュマルの実に群れているオガサワラヒヨドリの騒がしい声で、内地の熟した柿に集まるヒヨドリを思い出すそうです。画像のオガサワラヒヨドリですが、小笠原群島の固有亜種で、DNA分析によると八重山諸島のヒヨドリを起源としているそうです。また、小笠原の火山列島にはハシブトヒヨドリという別亜種もいて、こちらは本州または伊豆諸島を起源としているとのことです。島に定着してから移動性が低下して別亜種となったのではということですが、移動性が高いヒヨドリにどんなドラマがあったのか、興味深いですね。 
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする