ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2018年04月27日

乳房山開花状況

IMG_1611ムニンネズミモチ.JPG4月中旬から乳房山に霧がかかる日が多くなり、山頂付近は木々の葉や地上のコケがしっとりと濡れ、乳房山ならではといった景色の日が続いています。山頂付近は日本でもそう多くはない雲霧林とよばれる森が広がり、その一帯に母島固有の植物が多く生育しています。そんな乳房山で現在開花中の植物は、シマギョクシンカ、ムニンネズミモチ、シロトベラ、ヤナギバモクマオ、テリハハマボウなどです。シマウツボやチトセランの花はそろそろ終わりかけで、オオバシロテツの蕾みは来月には開花しそうな様子です。霧の晴れ間から時々のぞく大崩湾(東側)の海域を見下ろすと、大きなマンタが悠々と泳ぐ姿が見られることもあります。飲み物を少し多めに持って乳房山トレッキングを楽しんでください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする