ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2018年03月30日

イカ釣りシーズン

IMG_1576アオリイカ.jpg 母島も20℃を上回る日が続き、晴れた日は泳ぎたくなるような海の色になりました。沖港の中にもサッパ(イワシに似た魚)やホウセキキントキ(島名アカメ)が群れで入ってきていて、季節の移ろいを感じています。そんな母島の今はイカ釣りシーズンで、お仕事に行く前や昼休み、お仕事が終わってからなど、防波堤などでアオリイカを狙う島民の姿を見かけます。アオリイカはヤリイカ科のイカで、体長40〜50p、胴体に沿ったヒレがあり、このヒレをくねらせるように泳ぐイカです。餌木(エギ)やイカバケと呼ばれる疑似餌を使って釣ります。春には大型のアオリイカが釣れることから、各自のとっておきポイントでイカを狙っています。昨日は30分間で3匹のアオリイカを釣り上げたかたがいましたが、場所は秘密です。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする