ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2018年01月21日

ムニンモチの新葉

RIMG3036ムニンモチの新葉.jpg1月中旬は冬とは思えない暖かな日が続いて、こんなときに母島に住んでいる幸せを感じます。母島の植物たちも、日当たりが良い場所では新葉が鮮やかな色で展葉し、目を楽しませてくれています。母島には「ムニンモチ」と「シマモチ」の2種類に分類されているモチノキ科の植物がありますが、最近の研究の成果によると、遺伝解析の結果では両者に遺伝的分化はみられなかったということです(森林総合研究所 森林管理技術-3)。葉の形態で分類すると、乳房山のような標高が高く土壌が湿った地域ではムニンモチが、南崎のような標高が低く土壌がやや乾燥した地域ではシマモチが多いように思います。画像はムニンモチと思われる個体の新葉です。透明感がある紫色で、遠くから見るとまるで花が咲いているように見えます。シマモチは、南崎周辺で花が開花中です。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

ハザクラキブシ満開

IMG_1366ハザクラキブシ.jpg雨がちだった12月に比べて、新年になってからはお天気がよい日が続いています。暖かな日が多いからかハザクラキブシも満開になりました。ハザクラキブシは母島の乳房山〜堺ヶ岳の雲霧林に自生するキブシ科の固有種です。近縁種としてナガバキブシ(父島)やハチジョウキブシ(伊豆諸島)などがありますが、こちらは花序の長さは10p前後ほどだそうです。ハザクラキブシは、種名のように葉がサクラの葉に似ていて、花序の長さは30pくらいあるものもあります。このような花序の長さは生育する環境に適応したためだと考えられており、母島の雲霧林のような湿潤な森では画像のようなみごとな花をみることができるのです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする