ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2017年11月29日

乳房山開花情報

P1000140新しくなった登山道.jpg 11月中は前半が雨の日が多く、月末に近づくにつれて晴れの日が多い一カ月でした。乳房山登山道の改修工事のため、通行止め期間がありましたが、西ルート入口から船木山遊歩道・玉川ダム方面口までは通行可能です。快晴の今日は、玉川ダム方面から入山し、新しくなった登山道を歩いてきました。乳房山では母島の固有種のワダンノキのほか、シマザクラ、テリハハマボウ、シャリンバイ、ムニンヤツデ等が開花中で、渡りをするチョウで有名なアサギマダラがムニンヤツデで吸蜜していました。古くなっていた木道は下山中に滑りやすく、いつも心配でしたが、新しくなった木道には手すりも付いてとても歩きやすくなっていました。工事関係者の皆様、ありがとうございました。東ルート入口から玉川ダム方面分岐まではまだ通行止めの日もあるので、乳房山に行く方は母島観光協会で確認してから入山してください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月06日

アフリカマイマイ

IMG_1085アフリカマイマイ.jpg
 11月は例年では雨が多い季節ですが、このところ本当によく雨が降っています。昨年の冬の旱魃のことを思うとありがたい恵みの雨ですが、ご旅行中のかたはがっかりなことだと思います。雨が続くと母島の集落でよく見かけるのがこのアフリカマイマイです。カタツムリは夜行性なので、星を見に行くときや朝日を見に行くときには路上に無数に広がっていることも多く、足元に気を付けないと踏んでしまうことがあると思います。アフリカマイマイは小笠原へは昭和初期に台湾から薬効があるとして持ち込まれたようです。現在では広東住血線虫が寄生していることが広く知られていますが、検体の6割くらいから検出されているそうですので、気を付けてください。画像はキナバル山に行ったときに地元のお土産物屋さんで買ったカタツムリの置物です。アフリカマイマイによく似ていると思います。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする