ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2017年05月19日

コケの森

P1010384ハート形のコケ.jpg 雨不足の母島でしたが、昨日4:00〜今日5:00までの累加雨量は92o(評議平観測)で、シトシトと長く雨が降ってくれたおかげで母島もだいぶ潤いを取り戻しました。最近は森・山の植物も乾燥でぐったりしていたのですが、今日は元気いっぱいに戻っていることと思います。画像は、2011年に撮影した母島の乳房山に生育する固有種のコケで、ムニンシラガゴケです。乳房山は標高400mあたりから雲霧林になって沢山の貴重なコケが生育していることから、2010年に日本蘚苔類学会から「日本の貴重なコケの森」に選定されています。画像のハート型のムニンシラガゴケも、6年が経ち今ではだいぶ密な状態のコケになってきました。是非、母島のコケの森に癒されに来てください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

カクレイワガニ

DSCN6314カクレイワガニ.jpgゴールデンウィーク後半から急に気温が高くなり、母島に一気に夏がやってきた気がしています。例年なら今頃は雨期で、内地の梅雨のように雨が降りやすい季節なのですが。水不足はいつになったら解消されるのでしょうか・・・。さて、そんな最近の母島ですが、気温も低く散歩が快適な早朝に森を歩いていると、ゴソゴソと音がすることがあります。周囲を見回すと、地面の上にはポコポコと空いた小さな穴が。何の穴でしょう?ネズミ?モグラ?残念ながら両方ともはずれです。穴から出入りしているのは、紫色がかった体色の綺麗なカニです。カクレイワガニは、沖縄諸島にも生息している生き物ですが、母島にもたくさんいます。マングローブ林がない母島ですが、割と海岸に近い南崎遊歩道や大沢遊歩道などではカクレイワガニをよく見かけます。ゴソゴソと音がしたら探してみてくださいね。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする