ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2017年03月13日

レモンの花

IMG_8645レモンの花.jpg 北港からの帰り道、都道沿いにレモンの花が沢山咲いているところがありました。沈丁花にも似た香りがして、私はレモンの花の香りが大好きです。顔を近づけてよく見たところ、もう柱頭が膨らみ始めていて受粉後なのが分りました。柱頭は雌しべのことですが、レモンの花をよく見ると、黄色い花粉をつけた雄しべが周りをとりまいているのがよく分ります。このような構造の花を両性花といいますが、小笠原の固有植物は雌雄異株で、雌の機能を持った雌花だけ、雄の機能を持った雄花だけの花を付けるものも多いです。両性花のレモンの花ですが、不完全花といって、雌しべが短く雄花の機能しか持たない花もあります。このレモンの花の柱頭はこれからどんどん大きくなり、9月頃には丸々とした美味しいレモンになります。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする