ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2017年02月22日

パンノキ

DSCN5992パンノキ.jpg 先日、北村の小学校跡周辺を歩いたときのことです。森・山ではあまり見かけない植物にであいました。葉は少し深い切れ込みがあり、パパイヤやヤツデに似ています。少し考えて気が付きましたが、よくハワイアンキルトなどのモチーフになっている「パンノキ」ではないかと思いました。パンノキは、ポリネシア原産の植物だそうです。ジャックフルーツやドリアンに少し似た実がつき、実は蒸し焼きや丸焼きなど加熱して食べるそうです。パンノキは、以前の母島小中学校の正門の脇にも一本ありましたが、北村の「大神宮」とよばれる神社跡の近くに大きな木があり、もしかしたらその木が母樹なのかと想像していますが、一体何によって運ばれたのか不思議な気がしています。ガジュマルに負けずに大きくなって、いつか立派な実を付けてくれるといいなぁと思っています。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする