ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2017年01月17日

冬の乳房山

IMG_8389登山道 横.jpg 1月になり、母島も北東風の日が多くなり、島民のあいさつも「今日は寒いね!」という日が多くなりました。と、言っても日中の外気温は18℃以上ありますから、寒いなど言っていては内地の人から呆れられるかも知れませんね。ところでそんな母島ですが、森・山は落葉する樹木が少なく、常緑の広葉樹が多いため、一年を通して緑豊かな森が広がっています。今の時期は岩場にセイロンベンケイが花を咲かせたり、モモタマナの葉が紅葉して一部赤色に染まっていたりもしますが、乳房山登山は標高が高くなるにつれ着生植物などが多く、世界中にここにしかないという固有植物もあり、景色もよいのでみどころが多い山です。暑くないこの時期、冬の乳房山は超奨めです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする