ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2016年08月20日

ムニンセンニンソウ

RIMG7413ムニンセンニンソウ.jpg8月に入ってから、山を歩いていてふと甘い香りに気付くことがあります。蜂蜜のような心地よい甘い香りです。辺りを見回すと、大抵この花があります。清楚な白い蔓性の植物「ムニンセンニンソウ」は、環境省のレッドリストの絶滅危惧U類に区分される小笠原諸島の固有種です。白く花びらのように見えるのは萼片だそうで、乳房山の登山道にも白い花びらのように沢山落ちているのでみつけやすいと思います。車で北村に向かう途中の、桑ノ木山付近の落石防止用のネットに絡んで咲いているものもあります。このところ台風続きですが、母島から遠く離れて台風が通過してくれているので、今のところ当分花が楽しめそうです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

北港

IMG_4559北港.jpg毎日暑い日が続きますが、こんな時はスノーケリングが最高です。母島観光協会には「小笠原母島スノーケリングブック」というマップが用意されていて、このマップでは母島で人気の10カ所のスノーケリングポイントを紹介しています。画像は、母島の北部に位置する「北港」を東山遊歩道からみた様子ですが、北港は細長い入り江になっていて、入江の両側にはみごとなサンゴ礁が広がり、中央は砂地という変化にとんだ水中景観になっています。また、アオウミガメと泳げるポイントとしても人気があります。北港にはバイクや車でアクセスでき、駐車場からは徒歩1分ほどで海岸です。ただし、内地の観光地のように自動販売機やショップはないので飲み物や食べ物等を用意して行った方がいいです。また、携帯電話も圏外なので(近くに衛星公衆電話は有り)無理はしないで安全なスノーケリングを心がけてくださいね。屋根付きの休憩所もあるので、泳いだあとに昼寝したり読書したりと、一日かけて楽しめる場所です。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする