ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2016年04月24日

衣替え

DSCN2523ムナグロ.jpg 4月下旬の母島は晴れた日には真夏のように暑くなります。島の子どもたちは楽しそうに海で泳ぐ日も多くなりました。服装もノースリーブのワンピースの女の子やランニングシャツの男の子も多く、島の子どもたちはすでに夏服です。3月頃から旅鳥が多い母島ですが、今も脇浜なぎさ公園には何種類かの旅鳥がやってきています。ツバメチドリ、ムナグロ、ダイゼン、オオメダイチドリなど。冬羽から夏羽に変わる途中の鳥も多く、鳥たちも衣替えの季節なのだなぁ、と見入ってしまいました。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

ケゼニゴケ

IMG_5181ケゼニゴケ胞子体 (4).jpg 最近の母島ですが、4月は海水温と気温の差が大きい季節で、そのため霧が発生しやすくなっています。今日も乳房山にうっすらと霧がかかっています。そんな霧が多い季節は、山からの眺望はやや残念な感じですが、シダやコケがもっとも美しい季節ともいえます。先日、母島では少ないゼニゴケの仲間の「ケゼニゴケ」に胞子体がたくさんできているのを見かけました。受精したあとなのか雌器托が長く伸びています。受精していないときは雌器托は短いそうですが、長く伸びた雌木托には仮根がたくさん生えていて、ゼニゴケでは仮根を伝ってきた精子が造卵器に到達して受精することもあるそうです。この時期、コケやシダに胞子体がついたものが多く、それぞれ形が違うのが面白いなぁ、と思って見入ってしまいます。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする