ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2016年02月23日

トラツグミ

DSCN2023トラツグミ.jpg 母島も春を感じる季節になりました。メグロの若鳥が群れで見られるようになり、繁殖のお相手をさがしているようです。また、早朝の森から、少し悲しげな「ヒー」「ホー」という鳴き声が聞こえてくるようになりました。集落内ではあまりみかけることがない鳥ですが、トラツグミです。地上でミミズや昆虫やカタツムリ等を食べるといわれています。そのため、茶系統の保護色の羽で少しみつけにくいかもしれません。年間とおしてみられる鳥ですが、小笠原では戦前はこの鳥の記録がないそうで、戦後に小笠原の留鳥になったようです。春先は個体数が少し増えるようで、季節的に移入してきているのではと思っています。母島の北へ向かう北進線(ほくしんせん)を車で走っていると、低く飛んで道を横切って行きます。車やバイクのかたは、鳥にもやさしい気持ちでゆっくり走ってくださいね。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

新々町

IMG_2096アゼリアと新々町の看板.jpg 2月と言っても外の気温は23℃くらいある日も多く、暖かい母島です。集落にはアゼリア(ツツジ科の植物)も咲き、その一角がとても華やかな感じになっています。アゼリアのすぐ横にある柱をみると「新々町」と書かれていて、戦前にその一帯がそう呼ばれていたことが分ります。現在は「元地」という字名がついている沖港周辺ですが、戦前は「沖村」とよばれていて、その中に「新々町」のほか「新町」「剣下町」「左町」などの町名が付いていました。村の中に町があるのはなんだか面白いですね。あちこちに旧町名を記した柱があるので、全部でいくつあるか集落を歩きながら探してみてください。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする