ガイドの日記帳 〜つれづれなるままに〜

小笠原諸島母島のネイチャーガイド、フィールドエスコートhilolo・梅野ひろみが母島の大自然の魅力を紹介しています。

2015年11月24日

ワダンノキ♀株

RIMG4496ワダンノキ♀株.jpg母島の乳房山では今、ワダンノキが見頃を迎えています。ワダンノキはキク科の樹木で、母島列島の固有植物です。キク科で樹木になるものとしては、アフリカのジャイアントセネシオやガラパゴスのスカレシア等が有名ですが、キク科植物は圧倒的に草本(草)が多く、樹木に進化したほうが生き残るのに有利な条件が働いた場合に木本(樹木)に進化するようてす。ところで、ワダンノキは雌雄異株(しゆういしゅ)の植物で、ルーペを使って見ると雄株と雌株の花が見分けられます。乳房山に行くときは是非、ルーペを持って行ってみて下さい。画像は雄株の花です。ワダンノキはまだ蕾のものもあるので、12月上旬になっても楽しめそうです。
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月04日

レモン酒作り

IMG_1057レモン酒作り.jpg 今年も母島のレモンが収穫期を迎え、畑や民家のお庭のレモンがたわわに実っています。台風が多い年は果物がたくさん実るのだそうですが、私の自宅のレモンもシークワーサーも枝がしなるくらいに実を付けました。昨年はホワイトリカーでレモン酒を仕込んだのですが、今回は今年度発売になった「無人酒(むにんざけ)」でレモン酒を仕込んでみました。レモンは、皮と実のあいだにある白くてふわふわした「わた」の部分に苦味があるそうで、「わた」を丁寧に取り除くと苦味がないレモン酒に仕上がるのだそうです。また、レモンの皮は長く漬け込まずに、香りがお酒に移ったら引き上げるのだそうです。色々なかたのアドバイスを聞いて仕込んだ今年のレモン酒。美味しくなーれ!
posted by 梅野ひろみ | ガイドの日記帖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする